国が運営するM&A・事業継承の公的窓口、東京都事業引継ぎ支援センター

  

 

  • HOME
  • センター概要
  • 事業継承とは
  • サービス概要
  • 相談事例
  • M&A基礎知識
  • アクセス
  • お問い合せ

事業承継の3つの類型

メリット

デメリット

親族への承継

あらゆる面で、心情的に受け入れやすい。
相続による「財産権」の承継ができるので、コストが少なくて済む。
心情に負けて、経営者としての資質がない後継者に任せてしまいがち。
兄弟がいる場合など対立が生じやすい。
近年は承継辞退(子供が継ぎたがらない)も多い。

従業員等への承継

後継者候補の数は増える。従業員以外に、同業他社からの採用や異業種からのヘッドハンティングも検討できる。
事業をよく知っているので引き継ぎ易い。
従業員から承継する場合には、経営者としての資質が問題になる。
多くの場合、後継者候補には、承継する会社の株式を買い取る資力がない。
現在の社長の個人保証が肩代われず個人保証が抜けない、可能性がある。

第三者承継(M&A

より広範囲から的確な会社を選択できる。
会社の売却で多額の現金を得られる可能性がある。
希望に合う相手を見つけるのが難しい。
仲介会社への報酬負担が必要となる。